腰痛・ぎっくり腰・分離症|ボディケアルームてあて 名古屋

肩こり 腰痛 ぎっくり腰 脊柱菅狭窄症 椎間板ヘルニア 腰椎分離症 腰椎すべり症 腰の痛み
肩こり 腰痛 ぎっくり腰 膝の痛み 便秘 生理痛 精神疾患 アレルギー症状 不眠 睡眠障害 自律神経失調症 産後骨盤矯正
LINE受付 肩こり 腰痛 ぎっくり腰 膝の痛み ダイエット 頭痛 便秘 四十肩 五十肩 名古屋整体 名駅 中村区

腰椎分離症

ぎっくり腰 腰痛 整体 リラクゼーション 腰椎分離症 すべり症 脊柱菅狭窄症  マッサージ ストレッチ ボディケアルームてあて 名古屋 ヒダカファミリー 自律神経失調症 冷え性 便秘 不眠症 睡眠障害 ダイエット 肩こり 四十肩 変形性膝関節症

こんな症状や痛みでお悩みではありませんか。

·       腰を反らすと痛い。

·       起床時に腰に痛みが出る。

·       立ちっぱなしや長く座っているなど同じ姿勢でいるのがツライ


·       体の動きが悪く特に反ることができない

·       腰の中央部が痛い。

·       歩くと足やお尻が痺れる。

·       腰の痛みや痺れが慢性的に続いている

·       運動中や運動後に腰の痛みが増す。

·       運動や仕事が思うように出来なくて困る


·       手術するしか方法がないと言われた

 

腰椎分離症は成長期に起こる腰のスポーツ障害で腰部に繰り返しの前後左右、またはひねりのストレスがかかることで引き起こされる腰椎の疲労骨折です。背骨は、本体である「椎体」と、後ろ側の「椎弓」とで構成されています。この椎体と椎弓が疲労骨折を起こし、分離してしまい痛みが生じている状態が「腰椎分離症」です。骨がまだ成長しきっていない若年時にスポーツなどの負担が積み重なり発症します。

10代の腰痛でスポーツをよく行っている場合は分離症の可能性を考慮します。

症状として、運動中や長時間同じ姿勢でいるときなどの腰痛があげられますが、目立った症状が無い場合も多く、放置されていたものが大人になってから発見されることもしばしばです。早い段階で発見され適切な処置が行われれば早期回復に繋がりますが、分離した部分の乖離が進行すると脊椎がずれてしまう分離すべり症に進行していく場合があります

腰痛の場合と、お尻や太ももの痛みを出す場合があります。痛みは腰椎を後ろにそらせた時に強くなります。多くは体が柔らかい若い時期に、ジャンプや腰の回旋を行うことで腰椎の後方部分に亀裂が入って起こります。
また「ケガ」のように1回で起こるわけではなく、スポーツの練習などで繰り返し、疲労の蓄積などから起こります。

腰痛 腰の痛み ぎっくり腰 腰椎分離症 腰椎すべり症 全身骨格矯正 頭痛 腰痛 ぎっくり腰 肩こり 四十肩 五十肩 ひざ痛 ダイエット 生理痛 便秘 骨格矯正 整体 リラクゼーション 名古屋 駅近 名駅 ボディケアルームてあて

原因の多くはトレーニングに対する体の耐久力の低下や、トレーニングと休養のバランス、前後左右の筋力のアンバランスです。
体を後ろに反らした時に痛みが出るのが特徴で、レントゲン写真で腰椎の骨折が写るようになると約3ヶ月の運動休止をしなければなりません。

レントゲンに写らなくても成長期に体を反らした時に痛みがある場合は注意が必要です。無理をしてハードなトレーニングを続けていると疲労骨折がしんこうしてしまう場合がありますので、早めの休養や処置が必要になります。
疲労骨折が見られた場合には約3ヶ月の安静の後、競技の復帰へはさらに4週から6週間のリハビリトレーニングを行い、再発予防を行う必要があります。

特に12-15歳くらいの中学生に多く発症し、1週間以上腰痛が続いた場合50%が分離症だったという研究報告もあります。

分離症・すべり症は、以前は先天性の要因が大きいと考えられていましたが、現在では主に運動のし過ぎによる疲労骨折、骨折した患部が完治しないで繰り返し再発させているもの、接触プレーなどの外傷性のものが原因とされています。

 

疲労やアンバランスな姿勢、ケガを身体をかばう動きなどを繰り返し、患部や別の関節・部位に負担をかけてしまうことで、どんどん悪化させていると考えられるのです。

根本的原因は日々の動作や姿勢で負荷がかかり背骨・骨盤が歪むことや筋肉・筋膜が硬くなっていることがあるのです

 

腰椎分離症 腰椎すべり症 椎間板ヘルニア  脊柱管狭窄症全身骨格矯正 頭痛 腰痛 ぎっくり腰 肩こり 四十肩 五十肩 ひざ痛 ダイエット 生理痛 便秘 骨格矯正 整体 リラクゼーション 名古屋 駅近 名駅 ボディケアルームてあて

最近の腰痛の研究では痛みが無い人の腰のレントゲンを撮影したところ痛みが無いにも関わらず分離症と診断されるケースが多くあったという報告もあり、腰椎が分離している状態であったとしても、必ずしも痛みが生じるわけではないということなのです。

分離症が腰痛の原因であれば、基本的には安静にしていても骨折している状態なので痛いはずですし、背骨の上のピンポイントで痛みが出現するはずです。
しかし、分離症と診断された方の訴える痛みの場所は「腰の右側が痛い」や「動いた時や腰を反ったときに痛みが強くなる」など背骨の部分とは限らないのです。

 

そこで考えられるのが分離症の腰椎の他の原因として腰椎周辺の筋肉の披露や過緊張があるのです。
筋肉の中でも特に多裂筋という筋肉は背骨の際の左右に付いている筋肉で、背骨を安定させたり、腰を反ったりするときに働く筋肉です。積み木のように重なった背骨は周りの筋肉や靭帯が無いとグラグラと不安定になり崩れてしまいます。その背骨という積み木が崩れないように支えているのが多裂筋です。

分離症が起こり体のバランスが崩れてしまうと腰椎が前方に滑らないよう支えるために多裂筋が過度の負担がかかるようになります。
この状態が長期間にわたると、疲労がどんどん蓄積し多裂筋も痛みを発するようになるのです。
さらに多裂筋だけでなくお尻などの周辺の筋肉にも負荷が波及していくので、お尻の筋肉の緊張し足が痺れるなどの二次的な症状も引き起こします。

  •  骨格の歪みを整え不要な筋緊張を無くし、全身の姿勢バランスを回復させる骨格矯正
  •  インナーマッスルを刺激し、全身の連動性を高めパフォーマンスの向上を図るコアチューニング
  • 筋肉の柔軟性や関節の可動域を向上させるストレッチ
  •  負荷の軽減や運動時のサポートをするテーピング
  • 予防やリハビリにおける運動指導

 

 

ボディケアルームてあて名古屋では、腰椎分離症の患者様お一人お一人の症状や生活習慣に合わせて、早期回復を目指しさまざまなアプローチで施術のご提案をさせていただきます。


全身骨格矯正 頭痛 腰痛 ぎっくり腰 肩こり 四十肩 五十肩 ひざ痛 ダイエット 生理痛 便秘 骨格矯正 整体 リラクゼーション 名古屋 駅近 名駅 ボディケアルームてあて
ダイエット 痩せたい 体質改善 リバウンド ぽっこりお腹 摂食障害 全身骨格矯正 頭痛 腰痛 ぎっくり腰 肩こり 四十肩 五十肩 ひざ痛 ダイエット 生理痛 便秘 骨格矯正 整体 リラクゼーション 名古屋 駅近 名駅 ボディケアルームてあて